開店祝いの相場

開店祝いで贈り物をする際は、大きく二つの種類に分かれます。
 一つ目は胡蝶蘭・観葉植物などの植物系の贈り物、二つ目は現金や商品券などの直接お金になるものです。

一つ目の胡蝶蘭・観葉植物などの植物系の贈り物の相場は10000円から30000円くらいの間になります。観葉植物であれば5000円くらいから用意できるものもあり、植物はかけたお金が直接わからないというメリットもあるので、関係が深くない知人程度の人に贈る際には重宝します。
胡蝶蘭は3本立ちが見栄えもよく、大きさも程よく、金額的にも上記の予算内で足りますので、一般的です。お花屋さんに相談すればフラワーアレンジメントしてくれるので、多少安くてもそれなりに見えるようにはしてくれることもできます。ただし、やはり見る人が見れば、かけたお金も大体見破られてしまいます。変にケチしようとして、安物にすると、貧相な贈り物になってしまうこともありますので、やはり最低5000円以上かけたほうが良いでしょう。自分が恥をかくだけならよいのですが、相手のメンツをつぶしてしまいかねないので、失礼にもあたります。
ただし、開店祝いをご自宅に贈る場合は大きすぎる観葉植物を贈っても相手の迷惑になる場合がありますので、こういった際は10000円くらいで胡蝶蘭をフラワーアレンジメントしてもらうのが良いと思います。

 二つ目は現金を贈る際の相場です。一般的な相場は以下のとおりです。

親族、家族…10000円から30000円
友人、知人…5000円から30000円
取引先などの会社関係…10000円から30000円

 これはあくまでも目安です。相手との関係の深さや会社や地域の風習などによって差が出てきますので、相手との関係を自分でよく考え、周りの人と相談して贈るといよいでしょう。やはり友人といえども、仲が良ければ5000円というのはいささか寂しい気がします。
少し不安な場合は少し多めに予算を設定しておけば問題ないと思います。ラッキー7で7000円や末広がりの八で8000円などのラッキーナンバーにひっかけるのもよいでしょう。

 

開店祝いの贈り方・マナー